小じわが深いシワになってしまう前にすべき5つの予防法

小じわが深いシワになってしまう前にすべき5つの予防法

 

目元や口元の小じわが気になり始めると、
焦って美容液を使ってみたりもしますがあまり効果も感じられません。

 

小じわもほっておくと次第に目立つ深いシワになってしまいます。

 

小じわが深いシワになってしまう前に、できる5つの予防法を紹介します。

 

 

ポイント専用のクリームでケア

 

 

顔全体に使う美容液もいいのですが、目元口元には専用のクリームを使うのもおすすめです。
少量しか入っていないのに割りと高いのですが、その分効果も期待ができます。
コクのあるクリームでぴったりとポイントケアできるものがおすすめです。

 

 

目元は皮膚も薄く摩擦刺激などからも小じわが増えやすいですので、
塗る時には指の腹に取ってぽんぽんと優しく押さえ込むようにして塗ります。

 

 

翌日の目元のハリ感も違います。

 

 

週に1回は集中ケア

 

 

毎日のお手入れも大切ですが、
週末など時間のある時は時間をかけたケアも大切です。

 

 

市販のパックを使ってもいいですし、
オールインワンジェルをたっぷり塗るだけのジェルパックもおすすめです。

 

入浴中に行うことでよりふっくらもっちり肌にも期待ができます。

 

血行が悪くなるとお肌に栄養も行き届きにくくなりますが、
マッサージは頻繁に行うとシワのもとです。

 

 

それよりもパックをしながらの半身浴のほうが、
摩擦刺激を避けて血行改善にも期待ができます。

 

 

メイクをお休みする日も作る

 

働いていると毎日メイクをする習慣がありますが、
常にファンデでふたをしているお肌というのは少しお疲れモードです。

 

週に1回くらいはノーメイクの日を作ってみるのも良いですね。

 

外出する予定があるというのなら日焼け止めだけ塗ってすっぴんで出かけてみましょう。

 

また一般的なファンデはどうしても乾燥しやすいものです。
乾燥はほっておくと小じわの原因にもなりかねません。

 

メイクを頻繁にするという人は、
美容成分を多く配合している美容液ファンデなどに変えてみてはどうでしょうか。

 

 

美容サプリを飲んでみる

 

 

お肌の中の美容成分は年と共に減ってしまいます。
外から化粧品でその不足する美容成分を補おうと思っても、必要とする角質層深くまでは浸透しません。
美容サプリの場合、食品から摂取するよりも吸収しやすい形で取り込むことができるので効率が良いです。

 

ただ期待する場所に期待通りに効果がはっきりと現れるとは限りません。

 

最低でも1ヶ月は飲み続けてみて、効果が感じられないなら別のサプリに変えてみると良いですね。
プラセンタサプリは美魔女のサプリとも言われていますので、アンチエイジングに期待したい女性にぴったりです。

 

もちろん、コラーゲンたっぷりのすっぽん小町もおすすめです。

 

 

美肌効果のあるフォトフェイシャル

 

 

化粧品やサプリだけでは物足りないという人には、エステのフォトフェイシャルです。

 

光エステの熱エネルギーが肌細胞に働きかけることで活性化させて、
美容成分を作り出すサポートをしてくれます。

 

 

続けて受けるとシミやシワが薄くなったと効果も感じられます。
美容液の浸透も良くなりますので、即効性のある美肌ケアです。

 

施術は少し高いですが、
美容液を購入する代わりにフォトフェイシャルを受けてみるのも良いのではないでしょうか。